全てを見通した熟女のサポート力

  • 投稿日:
  • by

男性は相対的に精神年齢が幼く、甘えたな人が多いと思います。でも、小さい内ならまだしも、大きくなるにつれて、男性は弱音を吐いたり、甘えたり出来なくなっていきます。
成人し、社会に出るようになると、その規制は更に厳しいものになるのではないでしょうか?社会に出てお金を貰うという事は大袈裟に言うと辛い事や嫌な事がたくさんあり、それを我慢してなんぼの世界です。
でも、家を一歩出たら弱音も愚痴も吐けません。誰かに甘えるなんてもってのほかです。
「男性は小さい頃から男として育てられるから大丈夫」という意見もありますが、きっと弱音を吐きたいし、誰かに甘えたいはずです。
熟女女性は男性より精神年齢も上ですし、したたかな面もあります。男性が弱っていて、愚痴を聞いて欲しそう、慰めて欲しそうというのを直ぐに察知します。
それでも、年下の女性なら、年上の彼氏、旦那さんに「年上なんだし、いつでもしっかりしていて欲しい」という期待を持ってしまいかねません。
でも、年上の熟女女性なら、そこらへんの男性の弱さ、本音を汲み取ってくれ、期待通りに「よしよし」と慰めてくれます。
その上、全てを見通せているので、「うちの彼氏(旦那)、しっかりしなくてさ...」なんて外では一言も言いません。
家から一歩出ればきっちり彼氏(旦那さん)を立ててくれるのです。
この全てを見通せているサポートがあれば、男性はまた「外で頑張ろう!」という気持ちになってくれるのです。熟女女性との出会いを大切にして下さい。

熟女主婦の出会い

  • 投稿日:
  • by

巷で人気の出会いSNSの主婦をゲットするためにひたすら、携帯を握りしめています。
主婦出会い系がきっかけで付き合った主婦と不倫の世界に足を踏み入れた私は、その後、年上の主婦、ナース等、出会い系がきっかけで、いろんな女性との関係を通じて、女性の肉体から放出される特有の香りを嗅ぎわけるこきるようになっていました。
人妻の体のまわりには、明らかに香水の匂いが漂っていました。
かなり強烈に香水を付けています。経験から得た知識ではありますが、主婦出会い系ほど私の意欲を掻き立てるものはありません。ひそかに主婦を口説くプランを練り上げ、行動を起こすきっかけをうかがいました。
そのプランを実行に移すまでの間は、わざと彼女との関係に距離をおきました。私の出す指示に彼女が従わないわけにはいきません。
互いの気持ちに距離があればあるほど、主従関係は明確なものになるのです。
主婦の中に私との主従関係の意識がはっきりとでき上がったと感じられたその瞬間、行動を開始しました。
それはある日の朝のことでした。
いつものように私に背を向ける美人熟女の背後からいきなり抱きつき、片手で胸を、そしてもう一方の手で白衣の股間をわしづかみにしたのです
突然の出来事に体を硬直させながらも、彼女は声も上げず、すぐには抵抗しようとしませんでした。
悲鳴など上げて、無用な動揺を与えてはいけないと思ったのでしょう。親指を抽挿する速度を速め、なおかつ人差し指を肛門に押し当て、前後の穴を同時に責め立てることにしました。
その効果はすぐに現れました。
彼女の膝が何度も抜けて、私の支え無しではもうふらふらなのです。
叫び出したいほどの快感に包まれているのに、満足に声を出すこともできない肉体の奥深くに眠っていた性を覚醒させていきます。
それから、いまにも過呼吸状態に陥りそうなくらい激しく息を吸いつづけている唇に自の唇を重ね、唾液を流し込んでやりました。
出会い系サイトの主婦は美味しそうに飲み込みました。主婦出会い

悲しいまさかの出会いと別れ話

  • 投稿日:
  • by

私が一番ショックだった別れ話は彼の自分勝手さに悲しさで一杯になりました。二つ年上の先輩と卒業の2ヶ月前に付き合い始めたのですが、卒業のその日に別れ話を切り出されました。
私は先輩が卒業してしまうのが悲しくて今までに告白をしたことなんてなかったのにも関わらず、思い切って告白しました。これを逃せば彼に会うことがなくなると思ったからです。
それまで全く話もしたことがない先輩だったので、完全に振られてしまうこと前提で告白しました。ですのでその返事がOKだったことに当時驚いてしまいました。
とても嬉しくて、卒業してもずっと一緒にいられるとはしゃいでいたのに、卒業の日に振られるなんて本当にまさかでした。
彼は卒業後の進路が公務員の専門学校に行くというものだったので、ちょっと遠くの学校に通うことは知っていました。
地元が田舎だったこともあり、専門学校は市街に出ないとありませんでしたし、それは仕方ないことで遠距離恋愛を頑張ろうと気合いを入れていました。
それなのにまさか彼の方からこんなに早く別れ話を切り出されるとは思わなかったです。
彼に理由を聞いて見ると初めから2ヶ月の予定で付き合ったと言います。私は訳が分からずそんなつもりじゃないと別れ話を嫌がったのですが、彼は遠距離恋愛なんて絶対に無理と言い張り、譲りません。
結局しつこい私に嫌気がさしたのか携帯を解約されて連絡ができない状態になり実質的に別れました。彼が何を考えてOKしてくれたのか不思議でなりませんし、本当に悲しかったです。一番酷い別れ話でした。

結婚式二次会でのアラフォーの出会い

  • 投稿日:
  • by

熟女の友達の結婚式に参加するのが大好きな私です。なぜなら、出会いがあるから!
結婚式というハッピーなエネルギーに包まれてる会場で新たな恋愛相手を見つけるのって、なかなか良いチャンスだと思うんですよね。
去年、43歳の女友達が結婚することになり二次会の幹事を複数人で頼まれました。
結婚式の数週間前に、新郎新婦の二次会幹事メンバー5人が初顔合わせ+打ち合わせをしました。
新郎の友人に1人長身の中年のイケメンさんがいました。
かっこいいなーと思いましたが、彼は司会担当、私は受付担当だったので絡む機会がほとんどなく打ち合わせは終了しました。
そして、結婚式当日。二次会が始まって、そのイケメンさんとは記念にというノリで一緒に写真を撮り、それで絡み終?
それから3週間後。新婦の子から驚くことを聞かされました。
私が幹事の初顔合わせのとき、フラフラしてたみたいで(自覚なし!)、イケメンさんは、あの子大丈夫か?と気になったよう。
その後、結婚式でイケメンさんが私のことを気に入った。彼氏の有無を聞かれた。とのこと。うっそー!!相思相愛じゃーん!!
と、かなり浮き足立ちましたが当時の私は彼氏持ち。
でもでも、条件的には絶対イケメンさんに行っとくべきー!(外見素敵だし、社長さんだし!)だったんですけど、彼氏に対する恋愛感情があったのでなくなくイケメンさんは手放しました。
その彼氏とも別れたいま、あーーーーもったいないことしたなー!と思う熟女になった今日この頃です。

熟女の過去の失恋の思い出

  • 投稿日:
  • by

高校生の頃付き合ってた同い年のちょっとクールな元彼氏。
たぶん人生の中で1番ショックであったであろう失恋相手なんですが、それはそれは散々なフラれかたをしました...
元彼との出会いはバイト先の居酒屋でした。彼が後から入ってきて仕事を教えてあげたりしてるうちにすごく仲良くなっていきました!
だんだんお互いが好き合ってるのが分かって毎日バイトに行くのが楽しみでしかたなかったのを思い出します。
そんなある日映画に誘われました。
初めての映画デートの当日相手から告白されて付き合うことになりました!
もう付き合い始めはラブラブでほぼ毎日会っていました!
しかし数ヶ月後なぜか会いたいと誘っても忙しいと断られることが多くなりました。寂しすぎました!
ある日元彼の女友達が私の友達の知り合いで、ファミリーレストランで偶然会ったので流れで一緒にご飯を食べました。
そこで元彼の本性を知りました。
私以外にも4人付き合っている女がいるとのことでした...
女友達が言ってるだけだし本当か本人に確かめないと信じられない!ってその時は言いましたが本当は思い当たるとこがあって不安でいっぱいでした。
次の日彼に連絡して家に来てもらい、覚悟して彼に問いただしました。
すると言い訳もなく「あ?知ってるんだー。ならめんどくせ!さよなら!」と言って帰っていきました。
その話しをきりだす数秒前まではいつもどおりクールだけどすごく優しい彼だったのに!一瞬で表情が変わりびっくりしたし怖かったです。
元彼とはそれきり会っていません。
数ヶ月はショックで立ち直れませんでした。でも別れてよかった!勉強になりました。アラフォー熟女の淡い思い出です。